卵アレルギー

卵アレルギーとは…

卵アレルギー

TOP子育ての風
>卵アレルギー
卵アレルギーとは
このページでは卵アレルギーについて分かり易い言葉で解説していきます。
卵は乳幼児のアレルギー症状に最も多いアレルゲンの一つです。
卵アレルギーと言われる一般的なものは鶏卵です。

又、あまり知られていませんが鶏卵のほか魚卵に対しても
同様のアレルギー症状を起こすお子さんがいらっしゃいます。

乳幼児の主な症状としては顔を含む全身に痒みを伴う赤い湿疹が出ます。
又、口内が痒くなったり違和感を感じるという症状もあるようです。
特に湿疹がひどい部位は一般的に
顔・耳たぶの境目・手首や肘の関節・膝の関節(裏側)などです。
その他、直接食べなくても卵を触っただけなのに
皮膚が赤くなり痒みが出るケースもあるようです。

血液検査によってアレルギーの度合を数値で知る事ができます。
この際、鶏卵は一般的に卵黄と卵白に分けて表示されます。
卵黄よりも卵白がアレルギー数値が高い事が多いと言われます。
離乳食を卵黄から始めるようすすめるのはこの事も関係しているようです。

アレルギーの度合というのは人によってかなり差があるものと考えて下さい。
念のため知らせておきますが、かなり重い症状では稀にアナフラキシーと言う
発作が起こる事もあるようなので、医師の指示に従う事が非常に大切です。
自分の子供がどの程度のアレルギーなのか…
きちんと知っておく必要があると思います。

又、卵や乳アレルギーは小学校に入学するまでには
多くのお子さんは症状が軽減すると言われています。
但、お子さんによっては喘息などに移行してしまうケースもあるようです。
詳しくはアレルギーマーチのページをご確認下さい。

アレルギーマーチについて知っておきましょう

☆プレママ&新米ママ達へのアドバイス☆

乳幼児湿疹を知っておきましょう

生まれて1ヵ月以内に出る湿疹があります。
この時期には乳幼児湿疹と言われるものがあります。
この湿疹はしばらくすると自然に治る事が多いようですが
ひどい時は皮膚科でお薬を頂く場合もあるようです。

ですから、この時期に湿疹が出たからといって慌てず対応しましょう。
アレルギーの検査が可能な時期は生後約4ヶ月位からと言われています。

ご心配の方は4ヶ月前でも受診するのが好いと思います。
育児中に不安な気持ちを抱える事は大変なストレスになりますので
医師に相談してみて気持ちを落ち着かせる事を考えましょう。
受診科は小児科のアレルギー内科が一番おすすめです。

私の子供も食物アレルギーでした。
食物アレルギーのページでは私の体験談を掲載しています。
子育て
 親の愛情表現
 ママ友達との出会い
 魅力的なママ友達
 無二の親友

 夫婦の悩み
 幼稚園 お受験
 絵本の読み聞かせ
 絵本の世界旅行
 食物アレルギー
 アレルギーに効くもの

福祉資格
 介護ヘルパー2級体験記
 ホームヘルパー2級取得
 介護福祉士 国家試験
 介護職員基礎研修
 ケアマネジャー(ケアマネ)
 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

生活
 ビタミン☆栄養と健康
 ロハスな生活
 夢、ありますか?
 孤独の幸せ
 夢占い〜デジャブ
 旅行と英会話

体験◇想い出
 スカイダイビング体験記
 マラソン大会の想い出
 ダイエット体験談
 新宿の夜景

趣味
 韓国ドラマ&ソジソブ
 冬のソナタの世界
 日本ドラマ 砂時計
 日本のドラマ
 洋画の世界
 邦画の世界
 魅力的な人

Copyright (C) 子育ての風 All Rights Reserved