マラソン大会

マラソン大会の想い出

TOP子育ての風
>マラソンの想い出

小学校のマラソン大会

あなたは、マラソンが好きですか?
と突然質問されてもピンとこない方だっていますよね。
大体マラソンなんて、若い人がするものじゃないの〜
なんて思っている方もいる事でしょうし…


私もその一人かもしれません。
私には、『マラソン』にまつわる懐かしい想い出があります。
遠い昔の事なのに、『マラソン』と聞くだけで
その想い出が鮮明に蘇る時があります。
それは、数少ない私の栄光の?お話なのです。 笑


『マラソン』というものに初めて出会ったのは
小学校一年生の時でした。
私の生まれ育った田舎の学校では
毎年当たり前のように『マラソン大会』が開催されていました…


小学校をスタートすると
学年ごとに決められた距離(コース)を走りました。
坂道あり砂利道ありの今振り返ると
結構過酷なコース?を走りましたかね。
未だに砂利道を走った時の足の裏の感触が蘇るようです。


私の学年は、一クラス40人近くで4クラスありました。
一学年は、全部で150〜160人位です。
但、男女別ですから、実際に競う人数は
70〜80人というところでしょうか…


一年生の時は、マラソンの意味も知らなかったと思います。
ましてや競争心というものも育っておらず…
訳の分からないうちに走らされたというのが正直な感想です。


ゴールの場所は小学校の正門でした。
ゴールすると同時に
一人一人に番号の書かれたカードが手渡されます。


その番号とは、自分の順位を示すものでした。
ですから、ゴールと同時に自分の順位を
すぐに知る事のできるしくみになっていました。


初めてのマラソン大会で
私が手渡されたカードには‘7’と書かれてありました。
たぶん私は、それを見ても何も感じなかったんだと思うんです。
まったくその瞬間の記憶がありませんから… 笑


しかし、自宅に帰ってから大変な騒ぎになってしまったのです。
何気なく、両親に『今日のマラソン7位だったよ』とカードを渡しました。
その途端、両親は顔を見合わせ非常に驚いてしまったんですね。
『え〜っ!本当に7位なの〜?すごいねぇ〜っ!』
などなど次々とお褒めの言葉!
遊びに来ていた近所のおばさんまで褒めてくれました。
    
私は、自分の7位という結果にではなく
両親のこの反応に非常に驚いた記憶があります。
私の記憶の中では
後にも先にも両親にあれほど褒められた記憶は
この出来事だけと言っても過言ではありません。 笑


子供というのは、親の喜ぶ姿が好きなんですよね。
『マラソンで良い成績をとれば、パパもママも嬉しいんだ〜!
次は本気で頑張るぞぉ〜!』
そう静かに心に誓ったのを憶えています。


『今回は何となく走ったのに7位だったんだから、
本気で走ればもっと早く走れるはず!』
小さいながらも、それなりに考える事ができていたみたいです。
そして、一年後のマラソン大会…二年生になりました。
一年生の時とは気合がまるで違っています。 笑
夢中でスタートして、ゴールを目指しました。


ゴール直前…私の前にも、後ろにも人影はありませんでした。
手渡されたカードには、‘1’という数字…
そうです、二学年女子の中で1位でした。これは実話で〜す!


ところが、この時の両親の反応はあまり憶えてないんですよ〜
あら不思議?
喜んでくれた事には間違いないとは思いますけどね…


というのも、当初は両親の為と思い走った私でしたが…
この時、生まれて初めての‘達成感’を
味わってしまったんですね。
自分の中では、その事がとても大きかったんだと思うんです。
とにかく自分の目標を自分の力で達成した〜!
その嬉しさは確かに記憶しています。


翌年の大会でも、私は1位でした。
ですから、二年連続1位という記録です。
その頃になると、ライバルらしき存在も出現しましたね。 笑
その後は、4年は3位、5年は2位、6年は6位という結果でした。


学年が上がるごとに走る距離も長くなっていきました。
はっきりした記憶はありませんが…


大会の前には、早起きして近所を走ったりと
自主的に練習もしましたね。
私にとって、小学校のマラソン大会の想い出は宝物です。


それぞれの大会に想い出があります。
仲良しの友達と競い合う時の複雑な心境も味わいましたし…
又、ライバルに負けたくないといった強い意志も生まれました…


『マラソン』が私にくれたもの…
それは、‘自信’という最高の宝物。
『マラソン』を通して学んだこと…
本当のライバルは自分自身であるという事。


親の何気ない一言が
子供の成長の貴重な呼び水となる事もあるのですね。


大人になって、失敗続きで自分が嫌に思える事があっても…
この経験が、今でも私をギリギリの所で支えてくれている…
そんな気がしています。
心のどこかで『大丈夫、本当の私は違う!負けないで!』と
もう一人の自分が励ましてくれるような…


実は、今回こうしてマラソンの想い出を書き綴っているうちに
初めてそれに気付かされました。


子供の頃に、心から得た達成感…
それは、一生の宝物になる可能性があるのかもしれません。


子供の頃に多くの達成感を味わった人は
大人になっても、その自信を忘れる事はないでしょう。
子供の頃の体験により養われた自信…
それは将来、他の何よりも
その人を幸せに導くものなのかもしれません。
子育て
 親の愛情表現
 ママ友達との出会い
 魅力的なママ友達
 無二の親友

 夫婦の悩み
 幼稚園 お受験
 絵本の読み聞かせ
 絵本の世界旅行
 食物アレルギー
 アレルギーに効くもの

福祉資格
 介護ヘルパー2級体験記
 ホームヘルパー2級取得
 介護福祉士 国家試験
 介護職員基礎研修
 ケアマネジャー(ケアマネ)
 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

生活
 ビタミン☆栄養と健康
 ロハスな生活
 夢、ありますか?
 孤独の幸せ
 夢占い〜デジャブ
 旅行と英会話

体験◇想い出
 スカイダイビング体験記
 マラソン大会の想い出
 ダイエット体験談
 新宿の夜景

趣味
 韓国ドラマ&ソジソブ
 冬のソナタの世界
 日本ドラマ 砂時計
 日本のドラマ
 洋画の世界
 邦画の世界
 魅力的な人
 Copyright (C) 子育ての風 All Rights Reserved