洋画

洋画に感動した記憶…

洋画の世界

TOP子育ての風>洋画の世界

あなたは、洋画は好きですか?
私は、洋画と邦画のどちらも好きですが、
ここでは、懐かしい洋画の想い出話をしたいと思います。

時々柄にも無く、フランス映画も観たりしましたが
(アラン・ドロンなんかが好きでしたから…)
どちらかというと洋画は…
明快な‘アメリカ映画’の方が私の性に合うみたいです。 笑

あなたにもきっと、心に残る洋画がある事でしょう。
洋画を観て、懐かしい当時が蘇った…そんな経験ありませんか?

昔ほど映画館に足を運ぶ方は少なくなったとは思いますが
映画館の大スクリーンで観た作品は
やはりしっかりと心に残りますよね。

私が初めて映画館で観た映画は
『ベンジー』という洋画で、犬と子供の物語でした。

子供の頃の想い出ですが、夢中で観た記憶があります。
ストーリーよりも、その犬が真剣な顔?
で走っていたシーンが印象的で
今でもその犬の表情や姿をはっきりと憶えています。

その時二本立てで、もう一本の題名は記憶にありませんが
子供が天国に風船と昇っていくというのが
ラストシーンだったと思います。
一緒に観に行った近所のおばさんが隣で泣いていました。

洋画そのものは新鮮でしたが…
どちらかというと…
私にとってはおばさんの泣き顔の方がよく憶えています。
子供の感じ方っておもしろいですよね。

女友達と初めて観に行った映画洋画でした。
ブルックシールズの『エンドレスラブ』ですが、ご存知ですか?
女同士で観る映画かどうかは別として… 笑
音楽がとても良かったです…とても好きでした…

洋画の内容はというと…
年頃ではありましたが
まだ子供すぎてその時はよく理解できてませんでした。
ただ、ブルックシールズは美しいなあと
思って観た記憶がありますね。
田舎に住んでいた頃は、少し離れた街の映画館
汽車に乗って、或いはバスに乗り
その映画の為に時間をかけて観に行く…
それが又楽しかった気がします。
映画館は、その辺りにしかありませんでしたから
知り合いともバッタリ会ったりして
ワクワクするような楽しい気分になりました。

ここまでの話から…
この人は一体何歳でどんなド田舎に住んでたんだろう?
と思っている方いませんか? 笑
その辺は、ご想像にお任せ致しますので〜ヨロシクです(^^)

そんな中で、私の一番の想い出の洋画
1983年アメリカ作品『フラッシュダンス』です。
ペンシルバニアの工業都市ピッツバーグが舞台でした。

日夜懸命に働き、生計を立てながらプロダンサーを夢見る女性。
ロマンスも含めた夢のあるストーリーでした。
この映画がきっかけで一世を風靡したのが
主演のジェニファー・ビールス!
強くて、優しい、魅力的な女性を演じ本当に素敵でした☆
フラッシュダンス What's a Feeling
大人でもない、子供でもない時期に観た映画だったものですから
衝撃的でしたね、すごく…
その頃、とても恥ずかしがりやだった私は
同じ女性が、あんなに激しくダンスをする姿に
圧倒されてしまったんです。(ビックリでした本当に!)

成人してから観た洋画の中で一番好きなのは
古いと言われるかもしれませんが
名作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』です。

監督は、『夕陽のガンマン』などのセルジオ・レオーネです。
この作品は、レオーネ作品の集大成とまで言われましたね。
音楽はエンニオ・モリコーネでした。

と〜っても長い作品なのですけど
映像と音楽が非常に素晴らしかったです。

実際は長編なのですが
私は大好きだったので長さはあまり感じませんでした。
当時は何度も観た記憶があります。
(ちなみに何度も観たいと思えた洋画は初めてでした☆)

ロバート・デニーロも素敵でしたが
紅一点デボラ役のエリザベス・マクガヴァンも良かったです。
デボラの子供時代を演じていたのが
あのジェニファー・コネリーでしたがとにかく美しいです。

少年期からの人生を描いた作品で
主人公達の気持ちも理解し易かったです。
ストーリーも良かったですし、今でも時々OSTを聴きたくなります。

ゴッドファーザーの世界も好きですね。
ゴッドファーザーと言えば、マーロン・ブランド!
プレイボーイで名高い彼でしたが…
『欲望という名の電車』(1951年)の若き日の彼は
本当に物凄〜くカッコイイ〜!

あとアル・パチーノも好きでしたね…

もしかすると…
いや間違いなく私は、ギャングものが好きなのかもしれません。
男の世界を描いているものに昔から惹かれましたしね…
そして、その中に恋愛も描かれていれば言う事なしです!
私の前世は、男だったに違いありませんって感じですかね… 笑

ちなみに、これらは全て独身時代に観た洋画です。
結婚して子供が生まれてからは
さすがにギャングものは観なくなりました。 笑

最近は、映画を観る機会もめっきり減りましたが…
その中でも印象に残っているのは
ブルース・ウィリスの『シックスセンス
脚本/監督:M. ナイト・シャラマンですかね。

最近と言っても結構古いでしょうか? 笑
この作品は、最初から最後まで目が離せない
という感じでおもしろかったですね。
最後の最後で騙された〜!という方多かった事でしょう。
私もその一人ですから 笑

古い話のついでですが…
昔、『ラ・ブーム』っていう洋画ありましたよね。
ソフィー・マルソーのあのフランス映画です。
 今、突然思い出しちゃいました!
音楽がとっても良かった記憶があります。
ソフィーも勿論大好きでしたね〜懐かしいなあ。
ちなみに『ラ・ブーム2』もありましたね。
なんだかとってもドキドキして観た記憶があります。

子供の頃に観た洋画では『アメリカングラフィティ』(1973年)
というアメリカ映画もやけに心に残っています。
アメリカの青春映画で、アメ車もお兄さんも
めちゃめちゃカッコイイんですよ〜!

きっとこの洋画のファンは多いはず☆
映画の雰囲気がすっごく良かったのを憶えています。
なんとこの作品、監督はあのジョージ・ルーカス で
製作がフランシス・フォード・コッポラ だったんですね〜
後になって知ったのでビックリしました!

今も変わらず洋画は大好き!
子育てが落ち着いて自分の時間が持てるようになった時にでも
あえて映画館に足を運びたいと思っていま〜す♪

子育て
 親の愛情表現
 ママ友達との出会い
 魅力的なママ友達
 無二の親友

 夫婦の悩み
 幼稚園 お受験
 絵本の読み聞かせ
 絵本の世界旅行
 食物アレルギー
 アレルギーに効くもの

福祉資格
 介護ヘルパー2級体験記
 ホームヘルパー2級取得
 介護福祉士 国家試験
 介護職員基礎研修
 ケアマネジャー(ケアマネ)
 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

生活
 ビタミン☆栄養と健康
 ロハスな生活
 夢、ありますか?
 孤独の幸せ
 夢占い〜デジャブ
 旅行と英会話

体験◇想い出
 スカイダイビング体験記
 マラソン大会の想い出
 ダイエット体験談
 新宿の夜景

趣味
 韓国ドラマ&ソ ジソブ
 冬のソナタの世界
 日本ドラマ 砂時計
 日本のドラマ
 洋画の世界
 日本映画の世界〜love letter
 魅力的な人
  
       
 Copyright (C) 子育ての風 All Rights Reserved